NEWS

2021.12.27

秋本真吾氏がスプリントコーチに就任​

いわきFCはこのたび、福島県大熊町出身でサッカー日本代表選手やJリーグ所属選手をはじめとする数々のプロアスリートへ走り方を指導している秋本真吾氏(あきもと・しんご)が、 いわきFCのスプリントコーチに就任することとなりましたので、お知らせいたします。​​​​

【秋本 真吾(SHINGO AKIMOTO)】

■生年月日

1982年4月7日(39歳)​​

■出身

福島県大熊町

■経歴

福島県立双葉高校を卒業後、国際武道大学を経て国際武道大学大学院​を修了。2012年まで400mハードルのプロ陸上選手として活躍。オリ​ンピック強化指定選手にも選出。当時200mハードルアジア最高記録、​日本最高記録、学生最高記録を樹立した。100mのベストタイムは10​秒44。
引退後はスプリントコーチとしてプロ野球球団、サッカー日本代表選手、Jリーグ所属選手など多くのプロアスリートへ走り方を指導。また、年間約1万人の子どもたちにかけっこ教室を実施している。​​​​​​​

【秋本真吾氏のコメント】

「地元、福島県浜通りのJリーグクラブに『走り』を通じて携われること大変光栄に思います。陸上競技を通じて培ってきた、『速く』走る、『効率よく』走る、『正しく』走る、ということをサッカー界に還元できるように全力を尽くします。​
東日本大震災後、いわきFCのこれまで携わってきた方々の歴史を忘れることなく、更なる新しい歴史を積み重ね、『日本のフィジカルスタンダードを変える』というクラブ理念の達成に『スプリント』で貢献させていただきます」​​

一覧に戻る

#IWAKIFC